上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんちゃ、ロキです

タイトル通り俺は夜空が好きです
いつまでもみていられます
なんか不思議な気持ちになるんですよ
遠くに光があるだけなのに
自分が光に包まれてるようなきがして

よく深夜に天体観測をして、
朝が来ることがあります
夜空は飽きませんよ

では、バトンにいきましょう
今日も詩です



輝こうバトンバトン

Q1 大きくため息ついたなら、
A1 大きく息をすい、大声で叫ぶんだ 辛い今を断ち切るために
Q2 走って、走って走りつかれて、
A2 少しだけだと立ち止まった 僕の目にうつるのはいつもと違うもの 時を忘れて立ち尽くす
Q3 親友、恋人、身内を捨て、
A3 夢をおって旅に出る 全てを捨てた代償は大きいと知りながら
Q4 もう後戻りはできやしない、
A4 それなら前だけをみて進む 進めるはずだ 心が負けなければ
Q5 貴方に自分は映らなくとも、
A5 貴方は僕にとって特別にうつる 僕は貴方のために僕の実像を探す
Q6 嘆くことすら許されず、
A6 心が砕けそうになる 叫びは心の中で反響する 破裂しそうなほどに
Q7 歪な形のこの世界で、
A7 僕はなにをみているのだろう 形を失った世界から得るものはないとしりながら
Q8 遠く、高く、心躍れば、
A8 好奇心は頂点に達する 遠くに失ったあの気持ちを取り戻しに
Q9 今生きている喜びを、
A9 かみしめる 明日、僕はこの世界にいない
Q10 あともう少しで言えたけど、
A10 喉がなにかでつっかえた 喉にはなにも詰まってないのに 涙が僕の本音を掻き消した
Q11 広い大地に風吹いて、
A11 空の青さをはじめてしった きこえるのは風の音だけ はじめてみる地平線に涙が止まらなかった
Q12 大きく広がる海轟けば
A12 僕の鼓動もそれにシンクロして動く 彼方に見いだすものをめざして
Q13 空に輝く綺麗な星空、
A13 遙か彼方の星の記憶 体温は知れなくても光を今みている 満天の空に浮き上がるのは太古の大輪の花束
Q14 響き渡るこの鐘の音
A14 その音は小さくなれど永遠に鳴り響く 僕の記憶の中で
Q15 「大丈夫」、
A15 救い救われた魔法の言葉 君も僕も大丈夫を繋いで生きてきた
Q16 自分の居場所が無くなれば、
A16 新たな地を求め旅する 時も人も悠久を旅する旅人である
Q17 この手を天に差し伸べて
A17 無邪気に空の光をつかもうとした幼かった日 壁にぶつかったときは、ずっとそうしてきた ヒントと結末を掴むために
Q18 そして見つけた・・・
A18 手にはなにも握られていなかった でも、光は教えてくれていた 前に進む勇気を



そういえば水泳の大会はひどかったです
しっかりと練習します!

感想待ってます

ではノシ
スポンサーサイト
コメント
江亮さん

江亮さんは神奈川県でしたっけ

俺の市へおいでなさい
きれいな星がみれますよ

・・・なんてほざいてみる


好きなものを眺めてると
朝になりますよ
次の日がきつくても
その時が幸せならそれでいいというのが
持論です
2010/05/16(Sun) 23:15 | URL | ロキ会長 | 【編集
僕は、
視力が悪いからか、
澄んだ目をしていないからか、
空気が汚いところに住んでるからか
知りませんが、
あんまり、星が見えないので
天体観測はしないです・・・。

というか、
星を見てて朝が来るって
徹夜じゃないですか!!
体を大切に・・・。
2010/05/16(Sun) 23:10 | URL | 江亮 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。