上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の詩-生-バトン

Q1 憂鬱な生の香りが漂う
A1 生かされるままに生かされる 死も同然の抜け殻のように
Q2 そんな僕はこの手で掴むんだ
A2 無邪気に小さな手をのばした 今はもうつかむ気力すらない 消えたのかと錯覚したが、自分から奪っていたようだ
Q3 弱くとも強い光を放つ生、
A3 そんな命に惹かれていく 取り柄なんて欠片もない けれど護る人がいるのなら
Q4 何気ない力がこれ程痛くて
A4 見誤っていた 油断は逆転を生み出す 眼にすら映らなかった障害が大きな壁となってたちふさがる
Q5 泣きたいくらいの衝動が
A5 僕の心におしよせる そのときの出来心 衝動が僕の心を支配する 心の主権は明け渡された
Q6 どんなに僕を支配しても
A6 僕はあなたを拒絶する 人を脅かす虫けらでも最期くらいは足掻いてみせろ
Q7 どんなに僕が憂鬱を抱えても
A7 潰されることはないだろう この空が青々と広がっているのなら憂鬱も忘れさせる希望を胸に抱けるから
Q8 きっと死ぬまで纏わりつくんだろう
A8 僕が断ち切った過去の悲鳴 悲鳴はいつしか関わる人全ての怒りに変わる
Q9 その芳しさに魅了されても
A9 奪われない鋼の心が欲しい 僕の心は僕のものだから
Q10 僕は生きる力を欲するのだろう
A10 死に直面した最期のときはじめて生きたいと思った 死にたがりの心は生を教えた そして僕の心は嘘つきだと理解した
Q11 回答ありがとうございました!
A11 いえいえ ネタがなかったので
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。